スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.I.G JOE「Come Clean」の感想

2009.12.06 | Posted in 音楽

本作品の一側面は露骨なまでのポップミュージックだ。

B.I.G JOE「Come Clean」 2008.10.04 B.I.G JOE「Come Clean」

B.I.G JOEがオーストラリアの刑務所で服役していたということ、本作品の歌詞がその刑務所の中で綴られたものだということを事前情報として流布し(出所は知らないけれど)、購買意欲を掻き立て、その上でのこのジャケット。この作品の中には生々しい描写、何らかの事件の真相が含まれているのではないか、また、目出し帽で額に手を充てているその姿からは後悔の念、つまりはB.I.G JOEの弱い一面をも垣間見せてくれるのではないかと想像を巡らさせてくれる。実際に聴いてみても、熟聴せずともその雰囲気を汲み取る事が出来る。容易。

つまり、購入前に思い描いていたものはほぼそのまますっぽりとこの作品には収まっていて、これらの事前情報から上記に似た思いを描き欲しているのであれば、購入すればそのすっぽり感にニッコリと出来るのではないかと。ポップミュージックと言ったのは、この購入層のターゲットを狙っているような情報の流布と、実際に需要したものを供給してくれるこの作品のポテンシャル。実は、このように思うのは少し前のダースレイダーのブログの記事が面白かったからなのだけれど、結局のところどのような音楽でもポップの側面を内包しているはずで、本作品を取り立ててポップだポップだと揶揄する必要性も全く無いとは感じつつも、この話に触れたかったためその入り口として選んでみました。ただ、その狙っている姿が、最近聴いた作品の中では郡を抜いて露骨だったので、ポップミュージックの話にはうってつけだと思って。



スポンサーサイト

ごった記

2009.11.08 | Posted in 音楽

COMA-CHIにAK-69が客演するという話をAmebreakで見かけ、意外な繋がりだなあと思っていて、曲のタイトルに目を移すとお茶を吹きそうになりました。「TIME 2 PARTY feat. AK-69」。

 さて問題です。
 COMA-CHI「TIME 2 PARTY feat. ○○」
 さて、○○に入るのは誰でしょう?

という問題があれば、これはなかなかの正解率となるのではないかと。



COMA-CHIの、作っている感丸出しの高い声で放たれるラップがこの上なく気持ちが悪い。「格好悪い」という思いよりも先行して「気持ちが悪い」。

次。

PSGの「David」狙いでCDショップに足を運ぶも置いておりませんでしたと。PSGの注目され具合は頭一つ抜けていた印象があって、本作ならある程度の枚数が入荷されているだろうと高を括っていたのだけれど駄目でした。もう本当にここの日本語ラップ担当者は別の人と変わらんかいと。PSGだけでなく、ここは新譜の入荷具合が非常に悪い。購入意欲というのは店頭ならではの勢いがあって、これを家に持ち帰っても冷静になってしまってどうも購入までに至らないケースが多い。

PSG「David」 2009.10.09 PSG「David」

但し、この間は無かったB.I.G JOEの「Come Clean」が入荷されていたのでこちらを購入。

B.I.G JOE「Come Clean」 2008.10.04 B.I.G JOE「Come Clean」

そして、帰り際に試聴機の前を通り過ぎてみれば、詩音の「Truth」が未だにありましたので、取り敢えずは一睨みしておきましたのでご安心を。

次。

来週、CHIHIROの新譜「DRESS」が発売される。CMがYouTubeに来ていたのでメモとして。



以上。

ごった記

2009.10.23 | Posted in 音楽

ここ最近は歌ものの曲ばかりを聴いている。今は山口リサの「Crystal Lights」。こういう時期は、比較的耳がすんなりと受け入れてくれるため、ここぞとばかりに過去音源を聴いている。

別の話。

少し前に、B.I.G JOEの「Come Clean」をYouTubeで聴き、Michitaの繰り広げるピアノの旋律と、B.I.G JOEの一つ一つの言葉をしっかりと吐き出すラップがぴったりとはまっていて、アルバムを聴きたいと思って、CDショップに足を運ぶも売っていなかった事に落胆し、何を血迷ったか詩音の「Truth」を試聴していた自分を今更ながら客観視すると、自然と涙がほろりとこぼれてしまいそうになった。



別の話。

新譜をリリースして間も無いアーティストのブログを覗くと、「アルバムの中で好きな曲はどれか」という「私のこと褒めて褒めて」の会が夜な夜な繰り広げられているそうな。ああ恐ろしや。「わたしのどこが好き?」なんていう問いかけが公の場で繰り広げられているように見えて、随分自信があることあること。そんな流れから、KOHEI JAPANのラインを心に刻んでおこうと思った秋の夜長。

君の何処が好きかって問われればちょい困ってしまう
全部好きなんて言うほどガキじゃないが全部受け入れる事を誓う



以上。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。