スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口リサ「Crystal Lights」の感想

2009.10.26 | Posted in 音楽

静岡県浜松市を拠点に活動しているR&Bシンガー。(Wikipedia情報)本作は3rdアルバム。多分。

山口リサ「Crystal Lights」 2008.12.03 山口リサ「Crystal Lights」

これと言って印象に残らなかったというのが正直なところで、最初から最後までさらっと聴き流してしまった。歌が格別上手いというわけでもなくて、M-7「ペアリング ~chapter Final~ feat. HI-D」でのサビ部分の抑揚の無い一本調子な歌い方は聴いていて辛かった。というのも、M-6「K.L.L.B」のトラックが好みのためM-6から聴き出すことが多いことに起因していて、その流れから聴くM-7の酷さが妙に頭の中に残ってしまっているのだ。

上記のような印象を持つ一方、M-8「Crimson Rain」なんかは比較的伸びやかに歌っているようで、全体を通してみると今ひとつ印象がまとまらなかった。だからこそ最初から聴き始めても、あれよあれよと最後まで聴いてしまい、再び最初から、というように何度も聴いてしまったのだ。

それでも好きな曲は何曲かあって、上で記したM-6「K.L.L.B」の歯切れの良いメロディの派手さは好みだし、M-10「Like A Masquerade feat. TAGG THE SICKNESS(U-PAC, Mr.JACK)」もトラックが格好良い。ここで客演しているラッパーの声質がKEN-1-RAWに通じるところがあって一瞬耳を持っていかれた。本当に一瞬だけ。

M-11「Dear My Sister」では、ANTY the 紅乃壱が客演しているのだけれど、どうしても声の野太さが耳をこじ開けようとしてきて、耳が頑にそれを拒絶していた。

歌詞については特に注意していて聴いたわけでは無いけれど、「好き好き大好き」ばかり言っているどこかの恋愛中毒者とは違ったため、こういったところが何度もループして聴けた要因の一つになっているのかもしれない。歌詞に注目しなくても、自然とその空気感がトラックなどにも出ているのだろうと思う。



スポンサーサイト

ANTY the 紅乃壱「くろふらみんご」の感想

2009.05.10 | Posted in 音楽

2004年に発売されたシングル2枚、「ANTIZM」と「OH MY BABE」。名古屋のラッパー、M.O.S.A.D.やPHOBIA OF THUGなんかが好きだったため、なんとなく購入した2枚。だが、全く好みに入らず、殆ど聴かずに放置していた。随分間が空いて手に取った今作。nobodyknows+からCRYSTAL BOYが客演していたため手に取ってみた。

ANTY the 紅乃壱 / くろふらみんご 2007年発売 ANTY the 紅乃壱「くろふらみんご」

最初に聴いた時は、やはり全く好きになれずに放置していた。で、YouTubeでANTY the 紅乃壱のライブ映像を見て、「へーこんな曲あるんだ」、「あれ、これくろふらみんごに収録されてる曲だ」ということで改めて聴いてみたら、凄く良かった。それがM-5「黒猫ファニフェイス」だ。作品中におけるM-4「15 yearz later」からM-5「黒猫ファニフェイス」への流れが秀逸。ディナーショーのような構成で凄く良かった。

M-2「恋ラヴァズ」も凄く好きだ。ANTY the 紅乃壱は男勝りという印象が強く、なかなかえぐい表現も平気でする人だと思っていたため、このような恋の曲はギャップがあった。というのと、何と言ってもトラックが凄く好みだった。

one time 通り過ぎるくらいの出会い two time 流れで教えた携帯
three time 毎日鳴るメール電話 four time 寝るまで盛り上がる会話
昔の恋の打ち明け話 やたら気になり恋の始まり



M-7「bAdonkAdonk」では、蝶々と共演。「OH MY BABE」でCHO-CHO名義で客演しているラッパーと同一人物だとは思うけれど、なるほど、今作が良いと思えた理由として、声の野太さが少し取れたというのもあるかも。ANTY the 紅乃壱も蝶々も、前は妙にハードコアぶった発声が凄く格好悪いと思っていた。そんな印象が強かっため、M-12「日曜の朝」のようなトラックにも驚いた。

因みに最初の目的であったM-8「アップ&ダウン feat. CRYSTAL BOY」は、全く好みではなくスルーだった。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。