スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「くレーベルコンピ【其の五】」の感想

2009.06.21 | Posted in 音楽

出た。楽しみで仕方が無かった作品。

くレーベル 其の五 2009年発売 くレーベルコンピ【其の五】

基本的にKREVAのラップ、オートチューンを使った歌なんかはかなりの好物。だからこそ今作も、確かに客演陣への期待も大きかったのだけれど、KREVA自身のラップが最も楽しみだった。

だが、それは良い意味で裏切られた。KREVAが最も輝いていたのは、M-3「good boy, bad boy feat. SEEDA, KREVA」でのオートチューン使いのフック部分。歌詞カードに2分で書き上げたと書いてあったが、そうは思えない歌詞とそのメロディ。

いまさら もう遅いから
あきらめの境地 どこからどうみてみても全く届かない
good boy, good girl

仕方ない 似合わないから
あきらめの境地 結局 ハタからみればやっぱり俺たちは
bad boy, bad girl





その他の曲では前に出過ぎずに、良いバランスでその他のMCを引き立てているように感じる。M-1「都会陸上 feat. KREVA, Romancrew」。ドラムンベースにシンセを加えたトラック。トラックは好みから外れるものの、Romancrewの面々との掛け合いは聴いていて楽しい。特筆すべきは、将絢がオートチューンを使って歌っている事と、早口のラップを披露している事。

M-2「NEXT LEVEL feat. THE FLEX UNITE, KREVA, SONOMI」。THE FLEX UNITEの2MCは、どことなく似ているフロー。だが、声がハスキーで非常に好み。勝はライミングが上手い。SATUSSY「THE NOVEL」で聴いて以降、非常に気になっていたMCだけに、今回もそれが聴けて良かった。また、SONOMIがフック要員で無い点が面白かった。

明日はどっちや?羅針盤は何処指すか?
マイナスかプラスか その二つさ
生み出すプラズマ いつもフラフラ
手放すな運命 つなぐ手綱



M-4「無くない!無くない! feat. KREVA, L-VOKAL, AMIDA」。これは何と言ってもAMIDAのバースに目が行く。テーマは「無くない話」。AMIDAは「自称ラッパー」における「無くない話」の歌詞なのだけれど、これは面白い。ただ、トラックはシンプルなビートであったため、好みではなかった。

M-5「忘れずにいたもの Remix feat. 千晴, KREVA」。これは特に言う事はない。よく拝見させてもらっているブログでは、KREVAのフローと似ていると書かれていたが、よく聴くと確かにそうだ。ただ、千晴のラップには遊びが無い。そりゃ、KREVAと比較される事自体、本人にとっては不毛ではあるかもしれないが、やはり千晴のラップは少し退屈に感じてしまう。

全てのトラックは、作品タイトルにもある通り熊井吾郎が担当。決して一つには括る事が出来ないような、様々な色のトラックを作る人のようで、非常に面白かった。(AmebreakのKREVAとのセッションを見たが、熊井吾郎という名からは想像できないような細身で驚いた。こちら。)



2009.06.24 追記

Amebreakに、KREVAと熊井吾郎のインタビューが掲載されていた。アーティストのインタビュー記事を見ること自体好きなだけに、十二分に楽しむことができたのだけれど、何よりも驚いたのは、KREVAが共演したい人として、あるまとpunpeeを挙げていた点。くレーベル作品は、これからも尚楽しみ。

スポンサーサイト

EVISBEATS「AMIDA」の感想

2009.05.07 | Posted in 音楽

日々YouTube徘徊。そして見つけるEVISBEATS。

EVISBEATS「Just a Moment feat. vivi」


昨年12月に発売されたEVISBEATSのアルバム。購入した当初に数回聴いて、iPodに放り込んだまま眠っていたけど、改めて今聴いている。(最初は確か908ことKREVAが参加している「八百万」が最も楽しみだったのだけれど、自分の好みとは外れていてがっかりしたのを覚えている。)

EVISBEATS / AMIDA 2008年発売 EVISBEATS「AMIDA」

なんだなんだ。すごく良い。なんで眠らせていたんだ。

EVISBEATSのトラックは独特。ふざけているようでふざけていない、少し抜けたようなトラックが凄く好き。過去、最もインパクトがあったのは、「FIRE」に収録された「はじめてのKILL」。「はじめてのチュウ」のループで頭がおかしくなってくる。

韻踏合組合で活動していた時は、特にあまり引っ掛かりが無かったけれど、EVISBEATS(AMIDA)として活動し始めてからは、凄く気になる存在。くレーベルコンピ【其の五】にも参加しているので、聴きたくてたまらない。

M-2「Just a Moment」は、同名のMIX CDで聴いていて、音源として出て欲しいと思っていたので凄く嬉しい。さくっと聴いてみて、M-7「シャンティシャンティ」の歌詞がツボだ。絶妙な表現で心を持っていかれた。

僕の歌は不出来でも 君が素敵だと伝えたいんだ
君は最高 君はコロシアム
君は最高 君はルーブル美術館
君はシュトラウスのシンフォニー
シェークスピアのソネット ミッキーマウス
君はナイル川 君はピサの斜塔 君はモナリザの微笑み
僕は不当たりの小切手 使えない奴
僕は最低やけど君は最高さ



素敵さを表現するために選択した言葉の数々。不出来どころか最高すぎる。

作品全体を通して非常にまとまりがあって、通して聴くことができる。これを放置していたなんて、、、非常に勿体ないことをした。反省はしている。

一点不満。

EVISBEATS、AMIDA。どっちがタイトルで、どっちがアーティストかごっちゃになる。次回作はもっと判り易いタイトルを熱望。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。