スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stand Up!!!

2009.06.01 | Posted in 音楽

いつの間にやら遊戯「Stand Up!!! feat. NORIKIYO」のPVがアップされていた。ついこの間まで毎日のようにYouTube検索だったり、一二三屋のブログを覗いていたのにも関わらず、一週間目を離した隙にアップされていたようだ。

遊戯「AROUND中央区」の感想はこちら

遊戯「Stand Up!!! feat. NORIKIYO」


アルバムとしては微妙な位置付けではあったけれど、単一曲としては非常に格好良い。トラック抜きで、ラッパーとして単純に好きなMC二人であるし、このトラックもスリリングで良い。AKIO BEATSに賞賛を送りたい。と、言いたいところだがそうは言えない。アルバム全体としては微妙だったから。

スポンサーサイト

遊戯「AROUND中央区」の感想

2009.05.22 | Posted in 音楽

ここ一週間、遊戯のアルバム「AROUND中央区」を聴きまくっていた。一つの作品を短期間でこれほど聴いたのは久しぶりかもしれない。いや、それは、「格好良いから」という事ではなく、何と言うか、模索していたと表現するほうが自然だ。

遊戯 / AROUND中央区 2009年発売 遊戯「AROUND中央区」

全15曲中10曲を手掛けているAKIO BEATS。それが原因なのかはわからないけれど、まあ通り一遍な印象。そんな印象の中、EVISBEATSプロデュースのM-8「ごらんあーれ feat. 韻踏合組合」、VAXIMのM-13「Street Cruising feat. L&J」なんかが箸休めとなった。ただ、M-8は良くも悪くもEVISBEATSというトラックで、M-13もやはりその他のトラックと似たような色合いを持ってはいたけれど。

と言いつつも、AKIO BEATSプロデュースのトラックでも、

M-7「Stand Up!!! feat. NORIKIYO」
M-11「I got it」

は好きだ。「Stand Up!!!」はNORIKIYOによる補正もあるけれど、HOOKが何と言っても好き。「I got it」は作中唯一の静かめなトラック。これは、通り一遍な作品の中で映えていた。もともとこういう静かめなトラックが好きというのもあるけれど。ただ、トラックでいえば、M-15「Outro」が一番好き。なんか余韻を残すようなトラックで、作品の終わりを告げるにはぴったりだ。

今作を聴いて、やはり遊戯のラップは格好良い。韻の踏み方も踏み外し方も独特で、聴いていて全く苦にならない。で、最初に記した「模索していた」というのは、ラップは格好良いのだけれど、トラック面では今ひとつぴんとこなかったからだ。全体として、格好良いのか悪いのか。なんかこう、中央で引っ張られている感覚から抜け出す事ができなかった。ただ、トラックは遊戯のラップとは合っていて、ちぐはぐな印象は一切無かったけれど、逆に「まあこんな感じか」という印象しか残らない面も否めない。

うーん、やっぱり今ひとつ考えがまとまらない。

遊戯「AROUND中央区」CM


SATUSSY「THE NOVEL」の感想

2009.05.17 | Posted in 音楽

聴く小説をコンセプトに、曲全編をストーリーテーリングに徹した作品。SATUSSYは「ホラー話」を聴いてから、話の組み立てが上手だなあと思っていたため、購入時は楽しみにしていた。

SATUSSY / THE NOVEL 2008年発売 SATUSSY「THE NOVEL」

作品中の全曲を歌詞カード見ながら聴くことは、自分自身まあ殆ど無い。今作品だって、購入直後は歌詞カードを見ずに聴いており、好きな曲のみ歌詞カードを見ながら聴いていた。「ああやっぱり話の選択(特に「続ホラー話」)が面白いなあ」と聴いていた。ただ、改めて全編を歌詞カード片手に聴いてみると、客演しているMC全員と言って良い程、今回のアルバムコンセプトを台無しにしてしまっていることに気が付く。

で、よく聴いてみると、M-2「ライミングサン」やM-4「言えません」等のSATUSSYだって、これは本当にストーリーテラーとしての役割を果たしているのか?という疑問も抱いた。M-3「透明人間」、M-6「続ホラー話」、M-10「道頓堀ストーリー」等は、物語があり、聴いていると情景が目に浮かぶが。客演無しのSATUSSY一人による作品だった場合、聴いていて疲れてしまう可能性もあるため、各MCが参加しているという点は寧ろ歓迎ではあるのだけれど、やや本末転倒気味な感が伺えた。

では、コンセプトがどうのこうのという話を置いておいたときにどうか。これは自分には結構はまった。SATUSSYの独特なライミングも光っていたし、トラック面で見た場合も、自分好みのものが多かった。何度も出ているが、M-6「続ホラー話」は、トラックも凄く良かったし、SATUSSYの歌詞(話)も凄く良い。漢は。。。M-8「鏡」の4バース目の歌詞は笑った。

見た、見たあれ美容室の中、予約でいっぱいの美容室の中
ギラギラのメイクと服でにっこり笑っていたオカマが一人
ネイル、シャンプー全部終わってた、その後特別やってもらってた
アゴにちょっとヒゲが残ってた、そしたらそいつ地声で怒ってた



この後に入る、男の怒った声が面白い。

客演したMCの中では、やはりダントツで遊戯が格好良い。この人は本当に器用なラップをすると思う。同一曲「In The Rain」で客演していた勝も良かった。

Tussy、Tussy に導かれ
We be in the rain 入り乱れ
Singing in the rain



という部分にしびれた。その他にも良かった部分は多くに存在したが、長くなるのでこの辺りで。最後に。やっぱり、ストーリーテーリングの歌詞は難しいのかな?SATUSSYの凄さがわかった作品でもあった気がする。

ガラガラの棚

2009.05.16 | Posted in 音楽

売り切ればかり。

千晴「バカ正直」
志人×DJ DOLBEE「円都家族 EP」
haiiro de rossi「True Blues」
あるま to BEAT奉行「Highway Disco」

そして、

遊戯「AROUND中央区」

も棚に無い。せっかくSATUSSY「THE NOVEL」を聴きながら車を走らせ、熱を高めていたのにがっかりだ。

と、思ったら遊戯はまだ棚に無かっただけで、奥から出してくれた。あと、この間のMichita「THREE」が良かったので「TWO」にも一度手を伸ばしかけたけれど、取り敢えずやめて以下の2点を購入。

DJ ISSO PRESENTS OJIBAH「海賊盤」 2009年発売 DJ ISSO PRESENTS OJIBAH「海賊盤」
遊戯 / AROUND中央区 2009年発売 遊戯「AROUND中央区」

帰りに、一階の中央スペースにてマイクテストをしているようだったので、軽く覗いてみたところ、TOSHI(X JAPAN)のミニライブが15:00からあるらしい。以前、KEN THE 390がイオンツアーをやっていたため、もしかしたら何て思って覗いたけれど、特に興味のあるアーティストでは無かった、且つ、時間もまだあったため、帰路についた。

遠足気分

2009.05.15 | Posted in 音楽

韻踏合組合のメンバ、遊戯のソロアルバムが発売された。従って明日購入しにTOWER RECORDSへ足を運ぶ。たった今、YouTubeでCMを見て、「そうだった。NORIKIYOが客演している曲もあるんだった。」と思い、早く明日になって欲しくて少し興奮してきた。

遊戯 / AROUND中央区 2009年発売 遊戯「AROUND中央区」

そういえばこの間行った時にはすっかり忘れていたけれど、志人がシングルを発売したんだっけ。まあこれは売り切れじゃなかったら、且つ、余力があれば購入しよう。

そうそう。千晴の「愛 FOR 愛」をYouTubeで聴いて、なんだかんだで千晴のラップに魅せられてきている自分がいる。この際だから、アルバム購入しようかなんて考えている。

千晴 / バカ正直 2009年発売 千晴「バカ正直」

取り敢えずは候補にだけ入れておこう。

千晴「愛 FOR 愛 feat. 有坂美香 & YURI」


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。