スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ULTIMATE MC BATTLE TOKYO ROUND 2008」の感想

2009.07.05 | Posted in 映像

UMB2008

毎年発売を心待ちにしている、ULTIMATE MC BATTLEのDVD。

前年までと違う点は、決勝トーナメントではなくて、TOKYO予選がDVDとして発売されている点。これは間違いなく、TOKYO予選がULTIMATE MC BATTLE 2008のハイライトだからだろう。

TOKYO予選というものは、これほどまでに豪華な面子なんだ。と言う点と、やはり「予選トーナメント」らしく、見ていて恥ずかしくなってくるラップもあった。

MSCのPRIMALなど、B-BOY PARKのMC BATTLE決勝トーナメントに出場していたMCや、ダメレコ勢やDEJIなど、フリースタイル功者として知られる面々も出ていて、単純に心が躍ったけれど、近年の目覚ましいフリースタイルスキルの向上を前にすると、少しばかり肩透かしを食らった。あれ、もっと上手くなかったかな、、、と。

あとは、一部をかいつまんで。

【鎮座DOPENESS vs OSCAR】
このバトルは凄く面白かった。変則的なフローを持つ2MCによるバトル。バトル終了後、太華が「ああいうのは延長させたい」と言っていたが、もっともっと見たかったバトル。

【鎮座DOPENESS vs MESS】
バトル前のシャウト。鎮座DOPENESSの「音楽!」に対し、MESSの「道楽!」という返しには凄いと思ってしまった。このMESSというMCは、そのスタイルからも道楽という言葉がはまっていて、凄く良い言葉選びだと思った。(MESSがラップを始めた理由は「やらされた」というところから。)

【GUINNESS】
少し前にSEEDAとのBEEFがあったから触れるわけでは無くて、いつだったかは失念してしまったけれど、UMB予選の模様がDVDに収録されていて、その時のGUINNESSのラップはもの凄く格好良かった。(環ROYとのバトルの模様)しかし、、、ラップスタイルが全く変わっていて、凄くがっかり。今のスタイルは好きでは無い。

【RUMI】
RUMIの作品を聴いた事があるけれど、特に何も思わなかった。ただ、この人のバトルを見て、その他のMCとひと味もふた味も違う視点のラップは、他を圧倒していたように思う。

【般若】
結果的に、優勝したのは般若。ただ「引退かけている」という姿勢をバトル中にも言葉で発していたのは反則だと思う。悪い言い方をすれば「引退をちらつかせている」と感じるから。ただ、ラップの熱量は目に見えてあったように思う。

【司会陣(MASTER、太華、SharLee)】
これは、毎回思うことなんだけれど、この司会陣のちょっとした言葉が本当にイライラする。特筆すべき点は、今回は2カ所。1つめは、「BES vs GUINNESS」の終了後に、MASTERが「BES、本当に具合悪そうだった。」というような事を言っているが、これは、その他の全参加者に対して失礼極まりない。あと、「はなび vs インダラ」のバトル前、舞台に出るのに時間がかかった際、「ダメレコのわりにひっぱりよる」、「そうですね」と。これどう考えてもおかしい。

UMB2008 2009.06.03 ULTIMATE MC BATTLE TOKYO ROUND 2008 LIQUIDROOM

スポンサーサイト

櫻井響「DON CHIKI PAN」の感想

2009.05.30 | Posted in 音楽

YouTubeにて本作のTrailerを見た事があり、HMVでたまたま本作を見かけたため購入。鎮座DOPENESSも客演している事だし聴いてみたいなと。ヒューマンビートボクサーの作品というとAFRAの作品を思い出すけれど、自ら購入したのは今作が初めて。

櫻井響 / DON CHIKI PAN 2008年発売 櫻井響「DON CHIKI PAN」

今作にはなかなか考えさせられる部分があった。

ヒューマンビートボックスの動画もたまに見るけれど、それらを見る際の焦点は「如何に本物に近いか」という点と、「身振り手振りのパフォーマンスが面白いか」という点が最も大きい。勿論、ビートの展開という点も念頭に置かない訳では無いけれど、それを言い出せば、楽器で奏でた音でもその展開はあるのだから、ヒューマンビートボックスに特化した視点というと、前述した2点が大きい。

これを大前提として、音源で聴いたヒューマンビートボックスに対してどう感じたか。単純にすごいなあという感想は抱くのだけれど、それ以上の感想とはならない。結局のところ、曲の好き嫌いというのは、「音がどこから発せられたのか」という点で判断しているのではなく、「どのような音が発せられているのか」であるため。例えば、気に入った曲のトラックが、「どのような楽器から発せられているのか」という事は、はっきり言ってしまえばどうだって良いというのが正直なところで、「ああこんな楽器が使用されているのか」という事がわかったとしても、それはあくまでも曲に付随した情報でしかなり得ない。その情報自体が主軸となるケースというのは非常に少ないのではないだろうか。

音源においては、本物に近ければ近い程「だったら本物を聴けばよい」となってしまうし、逆に「やはり人間の口から発せられているんだな」という点に魅力を感じるのであれば、やや本末転倒気味な感が拭えない。

あと、ヒューマンビートボックスは、MCにおけるフリースタイルとベクトルが似ている気がして、やはり生ものというのが自分自身の見解。やはり、その場の即興で、如何に本物に近いパフォーマンスを見せるか。また、MCとの掛け合いによるフリースタイルセッション。それこそが最も見ていても楽しいところとも思う。これらを音源としても、ややお寒い感じが残ってしまう。ただ、MCのフリースタイルの面白いところは、ヒューマンビートボックスでの本物の楽器と言う「絶対的な存在」というものが無く、各MCから発せられる言葉の選択は三者三様であるところ。そういう意味では、フリースタイルが収録されている作品は、毎回が新鮮な気持ちで聴くことができる。

とっちらかった文章になったけれど、ヒューマンビートボックスの作品にはいろいろと考えさせられた。そうだ、鎮座DOPENESSを目的で購入する事は推奨できない。ラップはしていないから。





2009.05.30 追記

今一度考えてみると、今作品に求めていたものの違いなのだと思う。「ヒューマンビートボックスの面白み」ということよりも「曲(メロディ)としての面白み」の比重が高かったために生まれた感想なのだと。勿論、ヒューマンビートボックスとしては素直に面白い作品であるとも思えてきた。M-4やM-5なんかは特に。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。