スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環ROY「BREAK BOY」の感想

2010.05.18 | Posted in 音楽

環ROYの2ndアルバム。

環ROY「BREAK BOY」 2010.03.17 環ROY「BREAK BOY」

テレビでクイズ番組が放送されているとチャンネルを変えてしまう。これはクイズ番組が嫌いなのではなく「今は」頭を使いたくないから。意識的に見ようとしたわけではなく、ただの生活音としてテレビをつけただけにも関わらず、いつの間にやら頭を使っていることに気がつき、少しばかり疲れる。だからこそクイズ番組を避ける。使いたくねえのよ。疲れたくねえのよ。

環ROYのこの作品は実にクイズ番組的。二木信との対談があったことによってその効果はてきめんだ。聴いているといつの間にやら頭を使ってしまう。考えてしまう。環ROYが対談で言っていた内容はどこのどの部分に落とし込まれているのか。この言葉の裏側には何が意図されているのだろうか。今作品は、日本語ラップ村を揶揄した表現も見受けられるために焦点を当てやすくて、意思とは反していつの間にやら集中して耳を傾けてしまうのだ。

今回は二木信との対談があったから顕著だっただけで、この要素は、思い返してみると過去作品にも少なからず必ずあったように思う。環ROYのラップは格好良い。鋭くて。自虐的で。トラックも"多分"先鋭的で。それでも、何度も進んで聴きたいとは思わなかった。それは、本人に「先鋭的なことをやっている」という自負が強すぎるからだ。その内容を全て汲み取らなければならない気がしてきて、いい加減面倒だったのかもしれない。だから進んで聴きたいという前向きな気持ちにならなかったんだと思った。

前記事に雑感としても書いたけれど、それを最後に。

「BREAK BOY」は全体的に愚直なほどに鋭利な刃物のような刺々しさを持つ。しかし、最後の曲「break boy in the dream feat. 七尾旅人」によってフッと解放された。七尾旅人の歌声とともに鋭利な刃物が刃こぼれした瞬間を見た気がした。更には心が温まった瞬間でもあった。

でもまあ面倒くせえ。

スポンサーサイト

ごった記

2010.05.11 | Posted in 音楽

小林大吾「オーディオビジュアル」の包装に使用されているビニールは、いわゆるピロっていないタイプのビニールが使用されていた訳だけれど、このピロ無しタイプのビニールが使用されている作品はすべて廃盤になってしまえ!!

そして、紙のケースに入っている今作品は、その紙ケースとプラスチックケースの密着具合に間違いなく悪意が込められていて、腫れ物に触れるかのように丁寧に取り出そうとしていたが故、聴くまでに15分掛かりました。

つまるところ開封しにくくてたまらないという奮闘記。

次。

環ROY「BREAK BOY」が面倒くせえ。二木信との対談を含めて面倒くせえ。良い意味で。SSWSでの自虐的な環ROYも好きだったが、鋭利なフローとトピックで切り込んでくる環ROYも良い。「BREAK BOY」は全体的に愚直なほどに鋭利な刃物のような刺々しさを持つ。しかし、最後の曲「break boy in the dream feat. 七尾旅人」によってフッと解放された。七尾旅人の歌声とともに鋭利な刃物が刃こぼれした瞬間を見た気がした。更には心が温まった瞬間でもあった。でもまあ面倒くせえ。

次。

Rio「Platinum Venus」が少しだけ良かったよ。AV女優とかそんなのは抜きにして。



どこから仕入れてきたのかは知らないが、52秒辺りの手の動きが見ていて恥ずかしい。ミュージックステーションでジャニーズジュニアがYOYOやってる姿のような恥ずかしさを感じました。偏見の極み。

以上。

ただそれだけの話になりたい

2009.11.03 | Posted in 音楽

人志松本のゆるせない話において、バカリズムの「CDのぴろ」の話の際、環ROYとfragmentの「MAD POP」が一瞬だけ映った。ただそれだけの話にも関わらず、いや、こうして記事を書いている時点でそれはもうただそれだけの話ではなくてそりゃもうすんごい話だ。一般的に見ればただそれだけの話を、自身のフィルターを通すとそりゃもうすんごい話となってしまっている時点で、日本語ラップ作品自体が普段テレビでは見慣れないものとして自身の中に根付いてしまっているようだ。まあ事実そうだとも思うし。

まずは、そりゃもうすんごい話からの脱却を目指さなくてはならないのかななんて、どこぞの馬の骨かもわからない一視聴者からの戯れ言。まあ、実際のところはシーンなんてものはどうなろうが知った事ではないし、衰退していくのならそれでも構わない。衰退する頃にはその状況に応じた音楽を聴いているだろうし。或は聴いていないだろうし。

いつにも増して無責任な思いを明文化。

環ROY × fragment「MAD POP」 2008.05.17 環ROY × fragment「MAD POP」

以上。

環ROY × DJ YUI「copydogs」の感想

2009.07.18 | Posted in 音楽

あともう一周聴いたら、と思っていたけれど、取り敢えずの感触を。

環ROY×DJ YUI / copydogs 2009.06.24 環ROY × DJ YUI「copydogs」

前情報から察するに、一癖も二癖もあるトラックが連なっているだろうとは想像はしていたけれど、予想を遥かに上回った。なんせ、オリジナルが5曲で、それらのRemixが9曲収録されているのだから、オリジナルが好みに合わなくても、Remix陣がなんとかしてくれるだろうと思っていたのだけれど、Remix陣の方がよっぽど変態だった。

DJ YUIと生中による作品「AWESOME」で初めてDJ YUIのビートを聴いたのだけれど、それらとは全く異なった色を持っている。

環ROYのラップのキレは相変わらずで、特にM-1「J-rap new era」でのフローは何度聴いても耳を奪われる。但し、この曲のトラックも、それ以外のトラックも、やはり癖があり過ぎて、どうも好きになる事が出来ない。fragmentやEccyとの共作にあったものを期待して聴くと、そのギャップに唖然としてしまう。

今回も、fragmentはRemixにて参加している。M-8「J-rap new era (fragment Remix)」。この曲の前半、トラックの勢いも抜群で、「fragmentやってくれる」と思ったのも束の間、曲の後半には4つ打ちビートに変化し、前半の面影が全く無い曲になっている。変態的な曲の変化に驚いたけれど、これはこれで面白い。

これらのトラックを表すかのように、環ROYは以下のようにラップする。(曲解、拡大解釈かも知れないが。)

M-1「J-rap new era」より

これはラップ 乱暴でランブルなファンクだ
あるいはセクシーに揺らめくカンフー
右左揺れる水のごとく 形変えるスタイル
柔軟でハード Mad 先端のカド


M-2「go show!」より

斜めの上の上を行く ブイブイ言わせまくりさ


M-3「yankee tarzan」より

今日もジャンキーの鳥達のために
米粒 新米をディール ついばむ はまってく
いつの間にか俺の客になる
聞こえてるのかホーミーの悲鳴
つまり俺がこの森のボス



今作。癖のあるトラック群は自由さがあって面白いとは思うけれど、fragmentやEccyとの共作が好きだった自分にとっては、全く好みからは外れていた。ただ、あと何度かは繰り返し聴いてみたい。怖いもの見たさに近い感覚で。

環ROY × DJ YUI「copydogs」ダイジェスト


新譜購入

2009.06.28 | Posted in 音楽

TOWER RECORDSへ向けて車を走らせたつもりが、いつの間にやらパチンコ屋に入っていまして。4万円の浮きが出たこともあり、気を取り直して、本日はHMVへ。

取り敢えずは以下の2枚を購入。

環ROY×DJ YUI / copydogs 2009.06.24 環ROY × DJ YUI「copydogs」
NORIMITSU & MR. FUKUSAN / SPLIT EP VOL. 1 2009.06.17 NORIMITSU & MR. FUKUSAN「SPLIT EP VOL. 1」

「copydogs」は、wenodのインタビューを見る限り、どのジャンルに分類されるのかがわからないという旨の内容が記載されていたため、若干の不安があったものの、取り敢えず環ROYならば外す必要は無いかなと思って購入。「SPLIT EP VOL. 1」は、関西を中心としたMC陣が客演していたのだけれど、エムラスタ、TAKASE、KEN THE 390、POCYOMKIN、勝の名前が連なっていたため、取り敢えず購入してみた。

MIC BANKの新作も欲しかったが、在庫が無いようなのでまたの機会に。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。