スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S-SENCE「CAUSE & EFFECT」の感想

2010.01.09 | Posted in 音楽

ULTIMATE MC BATTLEでBEST 4という記録を残した、釧路からLIFE ART VISIONのS-SENCEによる1stソロアルバム。ジャケットを見て、この洗練されたデザインはどこかで見た事があるなあと思ったら、SNEAによるデザインである事が記載されていた。

S-SENCE「CAUSE & EFFECT」 2009.06.16 S-SENCE「CAUSE & EFFECT」

S-SENCEに対する印象は、ULTIMATE MC BATTLEでのラップによるものしか無い。それは、奇をてらったフローでは無く、しっかりと文末で韻を踏むタイプのMCだという。但し、この韻も突出した耳を奪われるようなラインが放たれるわけでは無く、「なんかどこかで聴いた事あるなあ」という想いが常に頭の片隅にあるようなそんな。それでもしっかりと言葉が聴き取れるところが好印象だったし、MC BATTLEのDVDを見終わった時に、この人の作品は聴いてみたいなと思っていた。

今作品、非常に良作だった。帯に「Cause & Effectをテーマに自分自身と向き合い、信頼できる仲間達と共に地に足をつけたピュアな音楽を意識し纏め上げたコンセプトアルバム。」と記載されているため、どこまでが普段のS-SENCEのラップなのかは判らないけれど、自身の音楽活動やHIP HOPと真摯に向き合っている姿が歌詞からも溢れ出ており、驕るでもなく他者を蹴落とすでもなく、全13曲がまじめに紡がれる。それが非常に好印象。ただ、残念な事に、MC BATTLEで感じた「なんかどこかで聴いた事あるなあ」という想いはこの作品の随所でも感じる。それでも、稚拙な言葉を用いて自身を驕っているアーティストよりも遥かに好み。

トラックについては、後半になるほどメロディアスなものとなっており、その折り返し地点ともなっているタイトル曲である「Cause & Effect」は熊井吾郎が担当している。あとは、HIRORONが一曲、LIFE ART VISIONのDJ KENZYなど。その他のプロデューサーについては初めてその音に触れた。全体として、確かなビートが刻まれるものの、やや線の細い印象を受ける。その細さが、歌詞のまじめさとぴったりとはまっていて、作品の完成度を高めている。

作品中、M-11「ツバサ」の2バース目、

愛とアイロニー 背中合わせ なにもない様に枝は分かれる
まるで陽炎 時を翔けろ 無邪気にどこまでも歩けた
でも足が重い 一度止まれば それでも見えてるきっと答えは
絶え間なく流れる水のようにflow 言葉放り込む
いっそ逃避行・・・ それじゃno vision 興味本位だけじゃfalling rolling stone
何か足りない 時には神がかりな程ありがたみがある言葉
一言シャウト「他人事(ひとごと)ちゃうぞ」って言ってたHIDADDYそれもきっかけ



この部分にはニヤリとしてしまった。これは、ULTIMATE MC BATTLEで確かFORKに負けた時のHIDADDYのコメント。この一言は、すごくトンチが効いてるなあと妙に印象に残っていた。それが、こうして全国のMCに伝わり、それをもきっかけとしたS-SENCEが同大会でBEST 4。少しだけ寒気がした。

本作品の最初の印象は、ファッション雑誌を模倣した芯の無いどこにでもいるような人かのような印象を受けたのだけれど、その真摯な態度が非常に好印象で、トラックとの融合という観点でも良作だと思う。ただ、最初に記した通り、聴いたことのあるラインがそこかしこにあるような印象も拭えないけれど。



スポンサーサイト

「くレーベルコンピ【其の四】」の感想

2009.06.25 | Posted in 音楽

がっかりだ。

くレーベル 其の四 2009年発売 くレーベルコンピ【其の四】

MIX CDという事は知っていたのだけれど、サブタイトルに「~INST&KREVA~」と付いている事を購入後に気が付いた。これは嬉しくない。KREVAのラップは好きだけれど、くレーベル作品に参加しているMC陣の曲が繋がれていく様が聴きたかった。このがっかり感は、KREVAのMIX CD「BEST OF MIX CD NO. 1」と同じものを感じる。因みに今作のジャケットは、このMIX CDのジャケットをサンプリングしている。

KREVA / BEST OF MIX CD NO. 1 2007年発売 KREVA「BEST OF MIX CD NO. 1」

と言いつつもまあ想像していたよりは楽しめた。KREVAのバースだけを抜き取って聴くとそれはそれで新鮮味があった。なにより、自分自身、くレーベル作品の曲は殆ど知らないが故に、トラック自体も楽しむ事が出来た事に起因する。特に、M-7「風の唄」、M-16「フィールド・オブ・ドリームス」のトラックが気になる。どうやらこれは「【其の一】」に収録されている曲のようだ。。。ヤフオクかな。高いだろうなあ。

個人的に、MIX CDはBGMとして流すケースが多い。そういう意味では、なんだかんだで重宝しそうな気もしてきた。ただ、MIX CDによくある、MCによるDJの名前をシャウトするシーン。それはそれはもうふんだんに盛り込まれている。この文化、やめていただけないだろうか。どうも好きになれない。しかも今作には非常に多く含んでいるため、「熊井吾郎」という単語のフローが耳に残って仕方が無い。

Amebreakのインタビューにて

普通のストリート仕様のミックスCDを出すぐらいなら撒いた方がいいなぐらいに思ってたから、作品として出せるものとしてはこの切り口が一番面白いのかなと



とKREVAが言っているが、それはそれで撒いて欲しい。

「くレーベルコンピ【其の五】」の感想

2009.06.21 | Posted in 音楽

出た。楽しみで仕方が無かった作品。

くレーベル 其の五 2009年発売 くレーベルコンピ【其の五】

基本的にKREVAのラップ、オートチューンを使った歌なんかはかなりの好物。だからこそ今作も、確かに客演陣への期待も大きかったのだけれど、KREVA自身のラップが最も楽しみだった。

だが、それは良い意味で裏切られた。KREVAが最も輝いていたのは、M-3「good boy, bad boy feat. SEEDA, KREVA」でのオートチューン使いのフック部分。歌詞カードに2分で書き上げたと書いてあったが、そうは思えない歌詞とそのメロディ。

いまさら もう遅いから
あきらめの境地 どこからどうみてみても全く届かない
good boy, good girl

仕方ない 似合わないから
あきらめの境地 結局 ハタからみればやっぱり俺たちは
bad boy, bad girl





その他の曲では前に出過ぎずに、良いバランスでその他のMCを引き立てているように感じる。M-1「都会陸上 feat. KREVA, Romancrew」。ドラムンベースにシンセを加えたトラック。トラックは好みから外れるものの、Romancrewの面々との掛け合いは聴いていて楽しい。特筆すべきは、将絢がオートチューンを使って歌っている事と、早口のラップを披露している事。

M-2「NEXT LEVEL feat. THE FLEX UNITE, KREVA, SONOMI」。THE FLEX UNITEの2MCは、どことなく似ているフロー。だが、声がハスキーで非常に好み。勝はライミングが上手い。SATUSSY「THE NOVEL」で聴いて以降、非常に気になっていたMCだけに、今回もそれが聴けて良かった。また、SONOMIがフック要員で無い点が面白かった。

明日はどっちや?羅針盤は何処指すか?
マイナスかプラスか その二つさ
生み出すプラズマ いつもフラフラ
手放すな運命 つなぐ手綱



M-4「無くない!無くない! feat. KREVA, L-VOKAL, AMIDA」。これは何と言ってもAMIDAのバースに目が行く。テーマは「無くない話」。AMIDAは「自称ラッパー」における「無くない話」の歌詞なのだけれど、これは面白い。ただ、トラックはシンプルなビートであったため、好みではなかった。

M-5「忘れずにいたもの Remix feat. 千晴, KREVA」。これは特に言う事はない。よく拝見させてもらっているブログでは、KREVAのフローと似ていると書かれていたが、よく聴くと確かにそうだ。ただ、千晴のラップには遊びが無い。そりゃ、KREVAと比較される事自体、本人にとっては不毛ではあるかもしれないが、やはり千晴のラップは少し退屈に感じてしまう。

全てのトラックは、作品タイトルにもある通り熊井吾郎が担当。決して一つには括る事が出来ないような、様々な色のトラックを作る人のようで、非常に面白かった。(AmebreakのKREVAとのセッションを見たが、熊井吾郎という名からは想像できないような細身で驚いた。こちら。)



2009.06.24 追記

Amebreakに、KREVAと熊井吾郎のインタビューが掲載されていた。アーティストのインタビュー記事を見ること自体好きなだけに、十二分に楽しむことができたのだけれど、何よりも驚いたのは、KREVAが共演したい人として、あるまとpunpeeを挙げていた点。くレーベル作品は、これからも尚楽しみ。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。