スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチョムキン「ヒトリズモウ」の感想

2009.09.28 | Posted in 音楽

1MCの作品をMIX CDでリリースする形態の面白さというのはあって、さくさく聴けるお手軽感が非常に好み。特に、今作のように短い間隔で矢継ぎ早に繋がれるほうがよりその傾向にある。(全50曲で殆どが1分前後の収録)それは、好みから外れる曲であった場合でも、少しの辛抱をすればすぐに次の曲へ移るからだ。それでいてピンとくる曲があればフルで聴きたくなってしまって収録作品を手に取るに至る。従って、MIX CDのポテンシャルは相当なものだという説。

ポチョムキン「ヒトリズモウ」 2009.09.16 ポチョムキン「ヒトリズモウ」

ポチョムキンのラップはぶれがなく、聴いていて安心する程に格好良い。とは思っているのだけれど、一通り聴いてみて自分がこれほどまでにポチョムキンというラッパーを避けて通っていたのかが浮き彫りになるほど、殆どの曲を知らなかった。因みに、今作品はタイトルに「ヒトリズモウ」とある通り、殆どの曲は、ポチョムキンのバースのみが収録されている。

DOSMOCCOSの作品で感じた事は、胃もたれ感が凄かったという事。それは、ラップが上手い故に感じた事でもある。今作品にもその胃もたれ感を期待していたのだけれど、これが思いのほかあっさりしていた。それは、ラップがどうこうという話ではなく、単純にトラックの多様性から感じたものだろうと思う。MIX CDの良さはここにもある。一つのアルバムを目標に作られた楽曲郡とは違い、テーマやコンセプトが異なる様々な作品に散りばめられた楽曲を寄せて集め、このとっちらかった楽曲群が繋がれていく様が飽きなく聴かせる要因の一つになっている。

中でも気になった曲は色物感満点な、M-22「山岸先輩の, さくらんぼ狩り」だ。歌詞はこちら。因に本曲は、iTunes Storeですぐに購入した。歌詞は置いておいて、何と言ってもフックにおけるバックコーラスの抜け具合が凄く良い。M-44「真昼のテーマ」は、上記とは違い、純粋にメロディアスなトラックが格好良い。ポチョムキンのラップと見事にはまっている。まあ、はまっているという点においては、どんなトラックとも一体となっているため、敢えて特筆すべき点ではないけれど。

今作品、自分のように、ポチョムキンのラップを日頃格好良いなあと思いつつも、作品をあまり手にした事がない人には非常にお薦めだ。ポチョムキン濃度がこれほどまでに高くても、決して嫌にならずに聴く事ができると言う点が、やはりポチョムキンのラップが上手いが故なのだろうと思う。非常に満足。

M-1で水前寺清子が参加していたので、調べてみたら同じ熊本出身なんだ。くりぃむしちゅー(熊本出身)も餓鬼レンジャーの作品で参加していたりして、この一体感も面白い。

スポンサーサイト

iPodの不調による独り相撲

2009.09.27 | Posted in 音楽

ポチョムキンのMIX CD「ヒトリズモウ」を聴いていると、どうにも曲の繋ぎがへたくそすぎて、よくこれで発売する気になったなあと思っていたのだけれど、どうやらiPodとの同期が上手くいっていないだけでした。心の中で放った罵詈雑言の数々、大変申し訳ございません。

ポチョムキン「ヒトリズモウ」 2009.09.16 ポチョムキン「ヒトリズモウ」

このところ、iPodの同期が上手くいっていないことが多い。最後の15秒程を残して次の曲へ進んでしまうこの現象。「ヒトリズモウ」に限らず、最近はなかなかの頻度で発生している。iPodの容量をぎりぎりまで使用しているが故の弊害なのか、NAS上でライブラリを管理しているが故の弊害なのか。

知らねえ。この話は終了。

「ヒトリズモウ」を聴いていて、改めて秀逸な曲だと感じたのが、随喜と真田2.0「こんな人間になりたい feat. 丑三時宗」。随喜の真面目な歌詞の後に続く、真田の絶妙な歌詞がたまらない。

【随喜バース】

雨にも負けず 風にも負けず 自分に正直にライムを書ける
 ~中略~
東に友の結婚式あればいって「寿!」と祝ってやり
西に病気の母あれば 行って背中を擦ってやり
南に祭りの灯あれば 酒を持参し一緒に騒ぎ
北にWACKなMCいれば つまらないから止めろと言い
 ~中略~
そんな人間に私はなりたい!

【真田バース】

雨にも負ける 風にも負ける 些細な事でへこたれる
 ~中略~
東に友の結婚式あればいって「不細工な嫁だな!
俺なら億積まれても一緒にいたくないぜ!」と言ってやり
西に病気の母あれば 保険金おりるの待ってやり
南に祭りの灯あれば 女の酒に睡眠薬混ぜてお持ち帰り
北にWACKなMCいれば 怖そうなので媚び売るぜ
 ~中略~
早く人間になりたい!



この両者のギャップが笑いを誘う。感想はまた別の機会に記すとするけれど、今作品はかなり楽しむ事が出来た。



2009.09.28 追記

ポチョムキン「ヒトリズモウ」の感想はこちら

DOSMOCCOS「CHAMP ROAD」の感想

2009.05.09 | Posted in 音楽

聴く前から、一種の安心感があった。自分の中に存在する一定の水準、それ以上の格好良さを見せつけてくれるだろうと。

DOSMOCCOS / CHAMP ROAD 2009年発売 DOSMOCCOS「CHAMP ROAD」

ポチョムキンのラップも、KEN-1-RAWのラップも凄く格好良い。滑舌も良いし、声質も凄く好みだ。トラックだってストレートな印象。ただ、その印象のみで終わった。この格好良さが、一聴しただけでは自分の中に根を生やさない。繰り返し聴いているうちに、だんだんと染みてくるのだろうと思うけれど、初めに感じた印象をここに記しておく。

中では、M-10「Brand New Day」、M-12「Friday Night」が好み。特に「Friday Night」はCOMA-CHIの客演が光っていた。「Brand New Day」はトラックが好み。やはり、多少のメロディ感のあるトラックが好きだ。

M-2「めふっ!!!」は、nobodyknows+の「T.R.U.E」と同じネタか?

作品全体としては、初めに記載した通り、一定水準以上の格好良さを見せつけてくれた。ただ緩急が少ない。楽しんでいる感じは出ている気がするけれど、常に「急」な印象。それが胃もたれ。ステーキ5枚積まれてもペロリとはいけない。

DOSMOCCOS「ALIEN feat. LYRICS BORN」


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。