スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMRYTRPS「SMRYTRPS」の感想

2009.06.26 | Posted in 音楽

もう7年も前の作品になるのか。

SMRYTRPS / SMRYTRPS 2002.04.26 SMRYTRPS「SMRYTRPS」

この頃は、タカツキ、SEMMY、METEOR、Y.O.G、ZOM、ZOE、DJ NABEの6MC+1DJだった。購入したきっかけは、インターネットラジオ「HP/JP」で紹介されていたからだ。確か、韻踏合組合「critical 11」と一緒に購入したっけ。今作はTSUTAYAで購入したのだけれど、今思うと、当時よく置いてあったなあと思う。近場のTSUTAYAは、最近で言うとCOMA-CHIの新作も置いていなかったりと、日本語ラップにはあまり力を入れていない様子だから。

同時に購入した「critical 11」が凄く良くて、当時はこちらのSMRYTRPSはあまり聴いていなかった。というのも「HP/JP」で紹介されていた曲が、M-6「Bring it on / Bring it out」という、現時点においてもSMRYTRPSのクラシック曲と言える程の格好良い曲だったため、その他の曲が霞んで見えていたからだ。

ユニットの体制が韻踏合組合と似ていて、それぞれが別々で活動していたMCやユニットが集合したのがSMRYTRPS。従って、全MCが揃い踏みしている曲が本当に少ない。それはそれで、マイクリレーを聴く事が出来ないだけで、各MCによる曲が格好良ければ問題は無いのだけれど、16曲のうち、M-2「S.O.U.L.」と前述したM-6の2曲だけが突出していただけだった。やはり、特にM-6はベース音がずっしりと響いて、フックが頭の中で何度もこだまする程に格好良い。

用意のできたこの耳のスキル、「違い過ぎる」の一言に尽きる。
違い分かるやつがここに居る Bring it on / Bring it out



お気に入りの曲が少ないけれど、何にしても、現在のSMRYTRPSと比べて自由度があって、聴いていて楽しい気分にさせてくれる事だけは確かだ。M-3「Theme Of Shy-Guys」はコミカルで自由にラップしていて面白いし、M-5「ナイナリヨ」なんてskitだけれど、本当に自由奔放。

キテレツ大百科と言えば
俺の友達でこんな事言っていた奴がいた。
昨日キテレツ見た?
見てないナリ。
見てるじゃん。



後半では「ナリよナリよ」の連呼。この頃のMETEORは凄く楽し気だ。以降のSMRYTRPS作品のMETEORはやや肩身が狭い印象。それが脱退の一要因となっているのだろうか。。。という詮索は置いておく。

作品全体としてはまとまりが無いように見える程、自由な印象があるけれど、それがSMRYTRPSに求めていた面白みだったのかもしれない。(次作以降の感想へと続く)

スポンサーサイト

KEN THE 390「ONE DAY」以外の部分に思う事

2009.06.23 | Posted in 音楽

KEN THE 390「ONE DAY」のPVが公開されていた。「ONE DAY」自体の話は、取り敢えず置いておいて、曲本編に入る前のフリースタイルを見ると、ニヤリとさせられる。

KEN THE 390「ONE DAY」


1. KEN THE 390
2. Y.O.G(SMRYTRPS)
3. タカツキ(SMRYTRPS)
4. ケント(黒衣)
5. Atius(Lion's ROCK)
6. KEN THE 390
※ ビートボックスは黒衣からPEKO。

という順にフリースタイルをしている。KEN THE 390を除けば、フリースタイルの場面を見るのは初めての面々ばかり。なかなか豪華な面々で、見ていて「おー!」という気持ちで心が躍った。本題である「ONE DAY」のシーンでは、Romancrewの将絢も写っていたのだが、フリースタイルは得意ではないのかな。

黒衣のラップは初めて聴いた。名前だけは聴いた事があり、一度聴いてみたいとは思っていた。滑舌の良いラップで聴き易く、作品が出ているのであれば、購入してみたい。また、タカツキも新作「旅人のリズム」を発売したとの事で、こちらも気になる。で、SMRYTRPSのブログを見ると、Y.O.GがHIPHOP'Sに動きがあるという事を言っていたので、こちらも気になる。

気になる。気になる。どれも気になる。



2009.06.23 追記

黒衣はアルバムが発売されているようだ。YouTubeに一曲公開されていた。

黒衣「空想フリーウェイ feat. Atius from Lion's ROCK」


このトラックは好きだ。だが、黒衣のラップは、このトラックのベース音に負けてしまっていて、ややラップが埋もれている気がする。その点、Atiusは声の通りも良く、リズミカルにトラックを乗りこなしている。Lion's ROCKのアルバムも聴いたが、Atiusのラップは聴いていて気持ちが良い。

本曲はAtiusに食われてしまっている気がするけれど、トラックは好きだし、黒衣のラップも決して嫌いではないので、いずれアルバムに手を伸ばそうとは思っている次第。

KEN THE 390「THE PROJECT」の感想

2009.05.31 | Posted in 音楽

一番最初に聴いたのはいつだったかは忘れてしまった。ただ、この音源が発売された時は、凄く嬉しかったのを覚えている。確かこれまでは太郎 & KEN THE 390名義での音源は発売されていなかった。当時の情報が少しばかり錯綜していて、今ひとつ思い出せないのだけれど、COMPASSのコンピレーションアルバムでの曲と、あとは「カリオストロEP」に客演している曲ぐらいだったような。そう言えば、SSWSの動画なんかも繰り返し何度も見た記憶がある。

KEN THE 390 / THE PROJECT 2004年発売 KEN THE 390「THE PROJECT」

正確に言うと、名義は「太郎 & KEN THE 390」で、タイトルは「THE PROJECT」。2枚組で、

太郎 SIDE : An Emcee On The Wheels (mix cd)
KEN THE 390 SIDE : 冬のこどもの国EP

となっている。今回はその内のKEN THE 390 SIDEに焦点をあてた感想。

KEN THE 390のラップはこの頃からスタイルが確立されていて、現在に至までほぼ軸がぶれていないように思える。ビートへの言葉のはめかたが凄く心地良い。あとは、死語と呼ばれる言葉すら格好良く聴かせてしまうような力がある。

この作品、その他の作品を知っていると尚楽しむ事ができる。M-1「しゃべくり芸」は、この後に発売される「プロローグ」に収録されている「しゃべくり芸」の別バージョン。M-6「冬の終わり」はタカツキの「Ready To Go」と同トラック。特にこのM-6は何度も聴いた。ジャズ調のトラックでいかにも冬を連想させてくれる。ウッドベース上に乗るピアノが反則なくらい格好良い。あとは、カルデラビスタが客演しているM-5「ふたり」なんかもピアノの音が心地良くて好きだ。

今作品、一点不満がある。それは、太郎との絡みが一切無いという点。これは残念だった。まあ、ジャケットにも記載されている通り、翌年2月に発売される太郎 & KEN THE 390「JAAAM!!!」の宣伝を兼ねていたのだと思うから、取り敢えず出しておこう感の方が強かったのかな?まあそれでも十二分に楽しませてもらったから、全く持って問題は無いのだけれど。



2009.05.31 追記

改めて各曲の詳細を見てみると、殆どの曲が既存トラックを流用している点に気が付いた。

01.しゃべくり芸(track by MOONSTARR/Greed)
02.おもちゃのチャチャチャ(track by TAKATSUKI/同じ月を見ている)
03.ららら feat. ダースレイダー, ロイ, KILO(track by FUNK入道)
04.パンピーラップ(track by MOONSTARR/duplex)
05.ふたり feat. カルデラビスタ(track by 恩郎)
06.冬の終わり(track by TAKATSUKI/Ready To Go)
07.流れるときに身をまかせ.....(track by AIM/Just Passing Through)

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。