スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN THE 390「THE PROJECT」の感想

2009.05.31 | Posted in 音楽

一番最初に聴いたのはいつだったかは忘れてしまった。ただ、この音源が発売された時は、凄く嬉しかったのを覚えている。確かこれまでは太郎 & KEN THE 390名義での音源は発売されていなかった。当時の情報が少しばかり錯綜していて、今ひとつ思い出せないのだけれど、COMPASSのコンピレーションアルバムでの曲と、あとは「カリオストロEP」に客演している曲ぐらいだったような。そう言えば、SSWSの動画なんかも繰り返し何度も見た記憶がある。

KEN THE 390 / THE PROJECT 2004年発売 KEN THE 390「THE PROJECT」

正確に言うと、名義は「太郎 & KEN THE 390」で、タイトルは「THE PROJECT」。2枚組で、

太郎 SIDE : An Emcee On The Wheels (mix cd)
KEN THE 390 SIDE : 冬のこどもの国EP

となっている。今回はその内のKEN THE 390 SIDEに焦点をあてた感想。

KEN THE 390のラップはこの頃からスタイルが確立されていて、現在に至までほぼ軸がぶれていないように思える。ビートへの言葉のはめかたが凄く心地良い。あとは、死語と呼ばれる言葉すら格好良く聴かせてしまうような力がある。

この作品、その他の作品を知っていると尚楽しむ事ができる。M-1「しゃべくり芸」は、この後に発売される「プロローグ」に収録されている「しゃべくり芸」の別バージョン。M-6「冬の終わり」はタカツキの「Ready To Go」と同トラック。特にこのM-6は何度も聴いた。ジャズ調のトラックでいかにも冬を連想させてくれる。ウッドベース上に乗るピアノが反則なくらい格好良い。あとは、カルデラビスタが客演しているM-5「ふたり」なんかもピアノの音が心地良くて好きだ。

今作品、一点不満がある。それは、太郎との絡みが一切無いという点。これは残念だった。まあ、ジャケットにも記載されている通り、翌年2月に発売される太郎 & KEN THE 390「JAAAM!!!」の宣伝を兼ねていたのだと思うから、取り敢えず出しておこう感の方が強かったのかな?まあそれでも十二分に楽しませてもらったから、全く持って問題は無いのだけれど。



2009.05.31 追記

改めて各曲の詳細を見てみると、殆どの曲が既存トラックを流用している点に気が付いた。

01.しゃべくり芸(track by MOONSTARR/Greed)
02.おもちゃのチャチャチャ(track by TAKATSUKI/同じ月を見ている)
03.ららら feat. ダースレイダー, ロイ, KILO(track by FUNK入道)
04.パンピーラップ(track by MOONSTARR/duplex)
05.ふたり feat. カルデラビスタ(track by 恩郎)
06.冬の終わり(track by TAKATSUKI/Ready To Go)
07.流れるときに身をまかせ.....(track by AIM/Just Passing Through)

スポンサーサイト
RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。